納骨したい時はどうすれば良いですか?
納骨や相続など、必要な書類等がございます。詳しくは【こちら】から
お墓を建てるときには、どのような費用が必要ですか?
お墓にかかる費用は、「永代使用料」「墓石費用」「霊廟護寺費」の3つに大きく分けられます。
また、霊廟護寺費は毎年支払う必要があります。
永代使用料とはどのようなものですか?
永代にわたってのお墓及び納骨堂の使用を認めてもらうことです。これが永代使用料です。
また、他の場所へ改葬(お墓のお引越し)するなどして墓地を使わなくなっても、永代使用料は返還されません。
霊廟護寺費とはどのようなものですか?
霊廟護寺費とは毎年支払うもので、墓地施設の維持・管理にかかる費用です。
お墓の売買や賃貸はできますか?
お墓を持っていても、墓地の土地所有権を持っているわけではなく、「墓地の使用権」を持っているに過ぎません。
そのため、使わなくなったからといって、墓地を売買することはできません。
また、お墓の使用権を、他人に賃貸することはできません。
生きている間に自分のお墓を建てておくことはできますか?
生きているうちに建てるお墓を寿陵墓(生前墓)といい、近年大変増えています。
「寿」の文字からわかるように、生前にお墓を立てることは、とても縁起の良いことと言われています。
また、残していく家族や子どもに負担をかけたくない、自分の気に入ったお墓に入りたい、
といった気持ちをお持ちの方が多いようです。
仏名(戒名・法名)がなくても、開眼供養はできますか?
故人の意志で仏名をつけなかった場合などが、このケースにあたるでしょう。
開眼供養は、もちろん生前に行うことができますので、必ずしも仏名が必要なわけではありません。
故人の意志で、仏名をつけなかった場合も同様です。
また、生前すでに仏名をいただいている場合は、開眼供養の際に墓石に仏名を彫っておき、生前のしるしにお名前にあたる文字には朱色を施します。
お亡くなりになられた際には、白または黒、金銀に塗り替えることになります。